長くきれいに使うために

木製エクステリア製品 長くきれいに使うために

弊社製品は何のメンテナンスをしなくても10年保証はつきます。
でも、それ以上もっと長くきれいに使いたい、というお客様のために

1. 乾燥第一

  • マットや人工芝などは敷いたままですと水分を含んでしまい、長期にはデッキにも影響を与えますので、ご利用時のみに敷くようにしてください。
  • プランターを置く場合には直接デッキ置かず、お皿ごとデッキの床から浮かせるように、キャスター付きのプランター置きや、プランターを浮かせるタイプのワイヤー製の物などをご利用下さい。さらにプランターの位置を時々変えると良いです。
  • 雨樋や水道の配管の不具合などでデッキ床面やデッキ下の地面がいつも湿っているような場所があればデッキに悪影響を与えます。早急に原因を取り除いて下さい。

2. 普段のお掃除

  • デッキのお掃除は何もしていない、という方がほとんどです。それでもOK!
    なるべくきれいに使いたいという方には時々のモップでの水洗いをお勧めします。年に一度のお掃除でも10年後のきれいさがちがいます。
    特に、水はけを良くするために、特に床板と床板の隙間に土やペットの毛が詰まっていたら取り除いて下さい。
    デッキブラシもよいのですが、回を重ねるとだんだんケバだってきます。
    さらにデッキブラシでのお掃除を続けると、木目の濃い色の部分(冬目)は白い部分(夏目)より硬いので冬目の部分の摩耗が少なく、デッキ板が凸凹になってきます。ケバダチは目立たなくなっていきます。
    ブラシをかけなくても長い間には若干床板が凸凹になる傾向があります。
  • 高圧洗浄機も使えますが、水圧にご注意下さい。高圧すぎるとデッキに放水の跡がついてしまうことがありますので、様子を見ながらお願いします。
  • 塗装品にデッキブラシをかけたり高圧洗浄をしますと塗装がはがれます。 塗装は何もしなくても紫外線の影響で退色します。

3. “藻”について

  • 緑色のコケのようなものは“藻”です。白色や黒色の“カビ”が生えることも。
    いずれも、タワシや雑巾で水洗いすれば落ちることもありますが、日が経つにつれて頑固になってきます。
    デッキが乾いた状態で、100 番程度のサンドペーパーをかけてみて下さい。広範囲ですとなかなか大変ですが、みるみるうちにきれいになるので暇を見つけて作業をするのも楽しいです。但し、塗装品にはかけられません。色落ちします。
    サンドペーパーをかけても防腐性能は落ちません。

4. 後からの塗装

  • 無塗装品の場合、後からお好みで着色することはできます。塗装品の再塗装も可能です。
    その場合は《キシラデコール》(商品名です。以前は武田薬品での取り扱いでしたが、現在は日本エンバイロイケミカルズ(株)の製造販売です。)油性をお使い下さい。LBウッドの防腐処理は特殊なので、他の塗料ですと色が乗らない場合があります。

5. 追加の保存剤

  • 15年以上経って(環境によって異なります)、藻が以前より付きやすくなったり、板の湿気がなかなか抜けなくなってきたら、保存剤の塗布・散布を考えましょう。
    もともとLBウッドに含まれているものです。無色透明無臭ですので、ご自身でも塗布・散布できます。市販されていませんが実費でお分けしています。
    有料ですが、弊社での施工も致します(高圧洗浄も一緒にすることがよくあります。すっきりきれいになります!)

お気軽にご相談ください

TEL:045-961-6871

広すぎてお手入れできない、体力的にお手入れは無理、藻が固まって黒くなって落ちない、デッキのリフォームをしたい、腐ってきたのではないか?もしかして白アリ? など困ったことがございましたらご連絡下さい。エルビーシステムには、デッキの延命や補修のノウハウもバッチリ蓄積されています。